季刊情報誌 Vol.46の発刊

トーシンパートナーズ

季刊情報誌「TOHSHIN SYNAPSE vol.46」を発刊しました。
主な掲載内容は以下の通りです。

  • 【特集】政治、経済、不動産、スポーツ。
  • 専門家に聞く2016年の注目ポイントとは?
  • 【SYNAPSE通信】マンションオーナー向け「マイナンバー制度」早わかり講座
  • 【トーシンタウン探訪】シリーズ36回目では、「府中~調布・国分寺周辺」編を紹介

▼vol.46の一部をご紹介

<トーシンタウン探訪 series36:府中~調布~国分寺周辺編>
緑豊かで商業施設も充実の〝住みたい街〞
東京のベッドタウンとして人気が高い府中~調布~国分寺周辺エリア。多摩川周辺ののどかな田園風景など、緑豊かな地域というイメージがあります。しかし、ここ最近は駅前の再開発が進み、以前とは雰囲気も一変。緑溢れる住環境はそのままに、商業施設などが充実し、さらに住みやすい街になりました。休日のお出かけスポットにも事欠きません。広大な面積を誇る公園が多いことに加え、国分寺にあるお鷹の道や真姿の池湧水群など、東京にありながら湧水のせせらぎを眺めることができるのも、この地域の特徴です。府中のシンボルである東京競馬場は改修工事によって美しく生まれ変わり、今では家族で楽しめるスポットへと変貌を遂げました。古き良きのどかな風景の面影を残しつつ進化を続けるこのエリアを、あなたもきっと気に入ることでしょう。

トーシンマンションシリーズ in 府中~調布、国分寺周辺
・ZOOM調布
・フェニックス国分寺弐番館
・フェニックス国分寺
 

トーシンパートナーズの季刊情報誌『SYNAPSE』とは

トーシンパートナーズはオーナー様向けに3か月毎に季刊誌を発行しています。
業界の最新情報や資産運用に関するよくある質問、取り扱い物件のある地域ニュースなどの
情報を掲載しています。

また、トーシンパートナーズのオーナーズクラブでは年1回、無料確定申告相談会を開催しており、
確定申告書作成のサポートを実施しています。

トーシンパートナーズのバックアップ体制はこちらから